どうも、宇野です。

この動画では、イメージビデオやミュージックビデオなど、屋外で動画を撮影にする時に僕が使っているSONYの純正レンズ「SONYの50mm F1.8 OSS」をご紹介します。

【Sony 50mm F1.8 OSS】コスパ最強SONY純正レンズ(YouTube

SONY 50mm F1.8 0SSのレビュー

このレンズは、焦点距離が50mmの単焦点で開放F値が1.8の明るいレンズです。

僕は、このレンズをSONYのミラーレスカメラα6400に付けることが多いので、焦点距離は表示されている値の1.5倍になるので、フルサイズ換算で75mmになります。

※APS-Cセンサー搭載のカメラの焦点距離は表示されている値の1.5倍になります。

屋外で撮影する際には、被写体と程よい距離から撮影することができ、開放F値が1.8なのでしっかり「ぼけ感」を出すことができて、とても使いやすいレンズで愛用しています。

そして、最大の魅力は価格です。

一般的にSONYの純正レンズは高額なのですが「50mm F1.8 OSS」は、3万5千円程で購入できます。

強いぼけを作れる上に、価格が3万5千円程の安心の純正レンズなのでコスパ最強のレンズだと言えます。

僕の普段使っているSONYのミラーレスカメラα6400には手ブレ補正機能がついていませんので、ジンバルを使って人物を撮影することが多いです。

ジンバルを使えば、手ブレが気になるということはなく滑らかな映像を撮ることができます。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では「SONYの純正レンズ50mm F1.8 OSS」をご紹介しました。

この「50mm F1.8 OSS」というレンズは、単焦点レンズなので野鳥などを撮影するのが目的の方には不向きです。

また、自撮りするには少し距離が必要になるので、自撮りするV-logや屋内の撮影では、不向きだと思います。

一方で、屋外で奥行きのある映像を撮りたい人などにはオススメです。

SONYユーザーであれば持っておきたいコスパ最強のレンズだと感じています。

この動画が参考になったとか勉強になったと思っていただけたらチャンネル登録していただけると嬉しく思います。

編集後期

僕はYouTube用の動画や仕事でB-ROLLを撮影する場合は、以前ご紹介した「SIGMAの16mm F1.4 DC DN」を使っています。

「SIGMAの16mm F1.4 DC DN」についてはこちらの動画【コスパ最強レンズ】SIGMA 16mm F1.4 DC DNをご覧ください。

それでは、また次回。