こんにちは、宇野です。

Premiere Proで動画編集をする場合、エフェクトコントロールを使いこなすことが大切になります。

クリップの位置やサイズを変更したり、適用させたエフェクトの操作もこのエフェクトコントロールで行います。

この動画では、エフェクトコントロールを使い、ズームインとズームアウトを作る方法について解説します。

エフェクトコントロールを使えるようになれば、編集の幅が大きく広がりますので、基本的な操作方法を練習してみてください。

【Premiere Pro】動画編集の基礎 ズームイン&ズームアウト(YouTube

1:ズームインの作り方

まずは、ズームインを作っていきます。

ズームインを開始する場所に編集ラインを合わせます。

そして、タブをエフェクトコントロールにしてクリップを選択します。

エフェクトコントロールの位置の左にあるストップウォッチのアイコンをクリックします。

すると、青くなり同時に右のタイムライン領域に印が打たれます。

この印のことをキーフレームと呼びます。

エフェクトコントロールのスケールの左にあるストップウォッチのアイコンをクリックします。

すると、先ほどと同じように青くなり、キーフレームが打たれます。

プログラムモニターを見て、ズームインが完了する位置に編集ラインを合わせます。

プログラムモニターを見ながら、拡大したい部分が中央になるように位置とスケールの値を調整します。

すると、キーフレームが打たれます。

プログラムモニターを再生して確認するとズームインが完成しています。

2:ズームアウトの作り方

次にズームアウトを開始する位置に編集ラインを合わせます。

そして、位置とスケールのキーフレームを打ちます。

プログラムモニターを見て、ズームアウトが完了する位置に編集ラインを合わせます。

位置とスケールの数値をデフォルトに戻しデフォルトの値でキーフレームを打ちます。

プログラムモニターを再生して確認するとズームアウトが完成しています。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、エフェクトコントロールを使いズームインとズームアウトを作る方法について解説しました。

映像や追加したエフェクトに変化を加える時は、エフェクトコントロールの中から項目を選び、そのストップウォッチのアイコンをクリックしてキーフレームを打ちます。

これが基本となりますので、覚えておきましょう。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます。

それでは、また次回!