こんにちは、宇野です。

今日の動画では、トランジションについて解説していきます。

動画編集で、クリップとクリップが接続している編集点に適用する特殊効果のことをトランジションと言います。

Premiere Proには、様々なトランジションがデフォルトで入っていて、簡単に適用させることができます。

また、自作することもできますし、テンプレートを購入して適用させることもできます。

トランジションを使えば効果的な場面転換ができるようになりますので、基本的な操作を覚えておきましょう。

【Premiere Pro】トランジションの基本操作(YouTube

1:トランジションの適用方法

最初にトランジションの適用方法を解説します。

効果がわかりやすい「ページピール」を適用させてみます。

タブをエフェクトにします。

エフェクトの検索窓にトランジション名を入れるとトランジションが表示されますので「ページピール」と入力します。

すると「ページピール」が表示されます。

トランジションを適用させるには、シーケンスに配置したクリップとクリップが接続している編集点にドラッグ&ドロップします。

これでトランジションが適用されます。

2:トランジションの表示時間を変更する方法

次にトランジションの表示時間を変更する方法について解説します。

適用したトランジションをダブルクリックします。

もしくは、右クリックして「トランジションのデュレーションを設定」をクリックします。

タイムコードを変更します。

タイムコードを10フレームにしてみます。

変更したらOKをクリックし確認すると「ページピール」の表示時間が速くなっているのを確認できると思います。

ちなみに、トランジションをトリミングしてもデュレーションを変更することもできます。

3:トランジションを削除する方法

次に適用させたトランジションを削除する方法です。

適用させたトランジションを選択して、deleteキーを押します。

もしくは、トランジションの上で右クリックして「消去」を選択します。

これで適用した「ページピール」が削除されます。

4:トランジションを使いフェードイン&フェードアウトを作る方法

以前の動画【Premiere Pro】動画編集の基礎 フェードイン&フェードアウトの作り方で、不透明度のキーフレームを打ってフェードインとフェードアウトを作る方法を解説しましたが、トランジションを使ってフェードインとフェードアウトを作ることもできます。

まずは、プロジェクトパネルの右下の新規項目をクリックし、カラーマットを選択します。

OKをクリックして、カラーマットの色を選択します。

ここでは黒を選択し、分かるように名前をつけOKをクリックします。

プロジェクトパネルのカラーマットを⌘キーを押しながらシーケンスの先頭にドラッグ&ドロップします。

すると、上書きされずにシーケンスの先頭にカラーマットが配置されます。

カラーマットのクリップをトリミングして表示時間を調整し、ギャップを削除します。

エフェクトの検索窓に「フィルムディゾルブ」と打ちます。

これをカラーマットと次のクリップの編集点にドラッグ&ドロップします。

これでフェードインが完成です。

次にフェードアウトです。

エフェクトの検索窓に「ディゾルブ」と入力します。

この「ディゾルブ」をフェードアウトさせるクリップの最後尾にドラッグ&ドロップします。

これで、フェードアウトが完成です。

5:デフォルトにはないトランジションについて

次に、デフォルトにはないトランジションについて解説します。

トランジションは、自作することができますが…Premiere Proの操作を覚えるという目的であれば良いとは思いますが、正直なところ、時間がもったいないと思っています。

僕は、動画編集はスピードも重要だと思っているので、トランジションだけではなくLUTやテロップなどのテンプレートを購入して活用しています。

海外の優秀なクリエイターが作り販売しているテンプレートなのでクオリティーは問題ありません。もしろ、自力で作るよりも高いクオリティーです。

テンプレートを使えば、編集時間が大幅に短縮されますし、編集の幅も広がるのでオススメです。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、トランジションの基本操作について解説しました。

トランジションを使えば、効果的な場面転換ができるようになりますので、まずは基本操作を覚えることをオススメします。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます。

それでは、また次回!