どうも、宇野です。

この動画では、Adobeの動画編集ソフトPremiere Proの画面を構成するパネルとパネルグループの操作方法について解説します。

「Premiere Pro」は、パネルと呼ばれる複数のウィンドウによって構成されています。

また、複数のパネルが集まってグループを構成しているものもあります。

「Premiere Pro」のワークスペースを理解して操作することで作業効率が格段にアップします。

それでは、解説していきまます。

【Premiere Pro】編集画面を構成するパネルとパネルグループの操作方法(YouTube

Adobe Premiere Proのワークスペース

基本的に「Premiere Pro」は8つのパネルとパネルグループによって構成されています。

複数のパネルがグループ化されたウィンドウでは、目的に応じてパネルを切り替えて編集作業を行います。

例えば「プロジェクト」パネルを含むグループでは、利用したいタブをクリックして切り替わります。

また、グループ化されているパネルの数が多い場合、全てのタブが表示されていない場合があります。

そのような場合は、「パネルメニュー」からタブを選択して表示します。

1:メニューバー

メニューバーです。「Premiere Pro」のコマンドを表示し、選択/実行します。

2:ワークエリア

ワークエリアです。目的のワークエリアレイアウトデザインにワンクリックで切り替えられます。

例えば、デフォルトの状態で「エフェクト」をクリックすると、画面の右側に「エフェクト一覧」が表示されます。

また、「カラー」をクリックすると、Lumetriカラーが表示されます。

元の画面に戻すには「編集」をクリックします。

3:「ソース」モニターなどのパネルグループ

クリップの内容を表示/再生する「ソース」モニターやクリップに設定したエフェクトを操作する「エフェクトコントロール」パネルなどが含まれたグループです。

動画クリップを「ソースモニター」にドラッグ&ドロップすると、そのクリップの動画が表示されます。

ここで、映像や音声をカットすることができます。

タブを「エフェクトコントロール」パネルに切り替えると、選択した動画クリップの大きさや位置を変えることができます。

4:「プログラム」モニター

編集中のクリップの状態を確認/再生するためのパネルです。

5:「プロジェクト」パネルなどのグループ

ここは、編集中のクリップを管理する「プロジェクト」パネルや、設定するエフェクトを選択する「エフェクト」パネルなどが含まれたグループです。

「プロジェクト」パネルに必要な動画クリップや音声クリップを読み込みます。

6:「ツール」パネル

クリップを編集するための各種ツールが配置されたパネルです。

動画クリップの不要な部分をカットできるレーザーツールやテロップを入力するテキストツールなどがあります。

7:「タイムライン」パネル

クリップを編集する「シーケンス」パネルを管理するためのパネルです。

8:オーディオマスターメーター

ここは、オーディアマスターメーターと言い、クリップのオーディオ音量の状態をグラフで表示します。

基本的な画面構成はこの8つになります。

これが基本的な「Premiere Pro」のワークスペースです。

カスタマイズ方法

次にカスタマイズについてです。

「Premiere Pro」のワークスペースは、ウィンドウの配置を自由にカスタマイズできます。

パネルのタブをドラッグすると、そのパネルを他のグループに移動させることができます。

また、ワークスペースを構成する各ウィンドウは、相互に連携しています。

1つのウィンドウのサイズを変更すると、連携して他のウィンドウのサイズも変わります。

ウィンドウのサイズを変更するには、サイズを変更したいパネルの境界にカーソルを合わせて、ドラッグするとパネルのサイズが変わります。

カスタマイズすることで作業効率がアップしますので、自分好みにカスタマイズしてみてください。

ここでは、Adobeの動画編集ソフトPremiere Proの画面を構成するパネルとパネルグループの操作方法について解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!