こんにちは、宇野です。

「Adobe Premiere Pro」のワークスペースは、ウィンドウの配置を自由にカスタマイズできます。

パネルのタブをドラッグすると、このように移動させることができます。

また、ワークスペースを構成している各ウィンドウは連携していて、1つのウィンドウのサイズを変更すると、他のウィンドウのサイズも変更されます。パネルの境界にカーソルを合わせてドラッグするとパネルのサイズを変えることができます。

動画編集は、丁寧に正確に行うだけではなくスピードも大切ですので、自分が使いやすいようにカスタマイズしておくことをオススメします。

この動画では、「Adobe Premiere Pro」のワークスペースをカスタマイズして動画編集の作業効率を良くする方法について解説していきます。

実際に僕が普段使っている編集画面にカスタマイズしていきます。とても効率良く動画編集ができますので、参考にしていただけたら幸いです。

【Premiere Pro】動画編集の効率をよくする為にプレミアプロのワークスペースをカスタマイズする方法(YouTube

カスタマイズ

まずは、「プロジェクトパネル」をドラッグしてソースモニターなどがあるグループに移動します。

そして「メディアブラウザー」の横をクリックして「パネルを閉じる」をクリックします。

同様に「CCライブラリ」「情報」「マーカー」「ヒストリー」も「パネルを閉じる」をクリックし消します。

また「メタデータ」も「パネルを閉じる」をクリックして消してしまいましょう。

次にメニューバーの「ウィンドウ」の中にある「エッセンシャルグラフィックス」をクリックします。

すると、右側にエッセンシャルグラフィックスパネルが表示されます。

更にメニューバーの「ウィンドウ」の中にある「ルメトリーカラー」をクリックします。

すると、右側にルメトリーカラーが追加されます。

「エフェクト」をドラッグして、エッセンシャルグラフィックスがあるパネルに移動します。

ここまでできたら、ウィンドウのサイズを調整して完成です。

この状態がとても効率良く編集作業ができるので気に入っています。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、「Adobe Premiere Pro」のワークスペースをカスタマイズして動画編集の作業効率を良くする方法について解説しました。

今回は、僕自身が普段使っている編集画面にする方法をご紹介しましたが、ご自身で使いやすいようにワークスペースをカスタマイズしてみてください。

この動画が、参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

 

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!