どうも、宇野です。

この動画では、Premiere Proで複数台のカメラで撮影した動画を編集するマルチカメラ機能の使い方を解説します。

対談映像など、ミュージックビデオを撮影するときに複数台のカメラを使い撮影を行います。

複数台のカメラを使うことで色々な角度から撮影した動画をシーンに応じて映像を切り替えて使うことができます。

Premiere Proには、マルチカメラ機能があり、簡単に映像を切り替えることができます。

それでは、解説していきます。

【Premiere Pro】複数台のカメラで撮影した動画を編集するマルチカメラの使い方(YouTube

Step1:シーケンスの作成

まずは、新しくシーケンスを作成します。

ファイルをクリックして、新規の中のシーケンスをクリックします。

ここでは、AVCHD1080p24を選択して対談動画と言う名前にしOKをクリックします。

Step2:動画クリップの読み込み

次に、動画データをプロジェクトパネルに読み込みます。

2台のカメラを使っていたら2つの動画クリップ、3台のカメラを使っていたら3つの動画クリップがあると思いますので、全てプロジェクトパネルに読み込んでください。

Step3:マルチカメラソースシーケンスを作成

次に、読み込んだ動画クリップをシフトキーを押しながら全て選択して右クリックします。

その中の「マルチカメラソースシーケンスを作成」をクリックします。

すると、ダイアログボックスが表示されますので、ビデオクリップ名に自分で分かるように名前をつけます。

次に同期ポイントを選択します。

この動画は、対談動画で音声に合わせたいので「オーディオトラックチャンネル」を選択します。

「オーディオトラックチャンネル」を選択することで、クリップの音に合わせて自動で同期してくれます。

OKをクリックします。

処理中という画面になり、終わると、プロジェクトパネルに「処理済みのクリップ」というファイルができます。

Step4:シーケンスに配置

次に「処理済みのクリップ」ではない方のクリップをタイムラインに移動します。

通常は青いクリップだったのが、緑のクリップがシーケンスに配置されます。

Step5:マルチカメラ

次にプログラムモニターを選択して右クリックして、表示モードの中の「マルチカメラ」をクリックします。

すると、このような画面になります。

右側の大きな画面が現在選択されていて映し出される映像です。

映像を進めながら、カメラを切り替える場所でここの小さな映像をクリックします。

すると、クリックした映像が選択されます。

このようにカメラの切り替えを行なっていきます。

一度止めると、カメラを切り替えたポイントで、このように印がつきます。

この時、慣れていない場合は、切り替えのタイミングがうまく合わない場合があるので先にレーザーツールで切り替えのタイミングに印をつけておいて、後からどのカメラにするのかを選択すると良いでしょう。

この動画では、Premiere Proで複数台のカメラで撮影した動画を編集するマルチカメラ機能の使い方を解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!