こんにちは、宇野です。

この動画では、動きのあるテロップを作る方法を解説します。

After Effectsの操作に慣れていない方が、動きのあるテロップをゼロから作ろうとするとかなりの時間がかかってしまいます。しかし、テンプレートを使えばAfter Effectsで簡単に「.mogrt」にできて、いつでもPremiere Proで使うことができるようになりますので、ぜひ最後までご覧ください。

【テロップ】無料のテンプレートをAfter Effectsでmogrtファイルに変換する方法(YouTube

1:アカウントを作成

概要欄に「motion array」というサイトのリンクを貼っておきます。

このモーションアレイは、様々なテンプレートを販売しているサイトですが、無料のモノもたくさんあります。

今回は「motion array」の無料のテンプレートを使って「.mogrt」を作っていきます。

まずは、アカウントを作成しましょう。

上部右にある「Join Free」をクリックし「Free」の「Start with free」をクリックします。

必要事項を入力して「create account」をクリックします。

すると、登録したメールアドレスにメールが届きますので、リンクをクリックします。

これでアカウントができます。

2:ダウンロード

次にテンプレートをダウンロードします。

「Video platform」にカーソルを合わせるとメニューが表示されます。

「Adobe After Effects」を選択します。

そして、「Tipe」をクリックして「Free」を選択します。

すると、無料のテンプレートが表示されます。

今回は「20simple titles」を使っていきます。

クリックして、映像を確認し右上の「ダウンロード」をクリックします。

すると、ZIPファイルがダウンロードされます。

3:ロゴの変更

ダウンロードしたZIPファイルをダブルクリックで解凍して「After Effects」の中の「フッテージ」をクリックします。

すると、ロゴ画像があります。

このロゴ画像をIllustratorやPhotoshopなど画像を作れるソフトで開き、同じサイズのロゴを作ります。

もし、ご自身のロゴを表ではない場合は、この動画を観てくださっている方限定の特別価格でロゴを作成します。

こちらからお申し込みください。

ロゴが完成したら元々あったロゴ画像に上書き保存します。

これでロゴが変更できました。

4:モーショングラフィックステンプレートファイルを保存するフォルダーを作成

次にPremiere Proで使える「モーショングラフィックステンプレートファイル」を保存するフォルダーを作ります。

ご自身で分かるように名前を付けます。



5:テンプレートを編集1

次にダウンロードしたAfter Effectsのファイルを開きます。

編集ラインを動かすと、このファイルにどんなテロップが入っているのかを確認できます。

先ほど作ったロゴが反映されていることを確認します。

「title01」から編集していきます。

「title01」のアイコンをダブルクリックします。

編集ラインを先頭に移動させ、再生をクリックしてどのようなテロップになるのかを確認します。

そして、右クリックして「エッセンシャルグラフィックスで開く」をクリックします。

すると、エッセンシャルグラフィックスの画面が開きますので、ご自身がわかるような名前に変更します。

僕は「uno-logo01」としておきます。

次に、「title1」のアイコンをダブルクリックします。

すると、新たにタブが表示されます。

最初に中央の青い部分のテキストをPremiere Proで変更できるようにします。

「text02」のアイコンをダブルクリックします。

すると、新たにタブが表示されます。

そして「サポートするプロパティのみ」をクリックします。

すると、テンプレート化できる項目が表示されます。

ここでは、「ソーステキスト」を「エッセンシャルグラフィックス」にドラッグ&ドロップします。

すると、「ソースのテキスト」の項目が「エッセンシャルグラフィックス」に表示されます。

分かるように「中段テキスト」に名前を変更しておきます。

次に「プロパティを編集」をクリックします。

「カスタムフォントの選択を有効にする」と「フォントサイズ調整を有効にする」と「フェイクテキストスタイルを有効にする」の3つにチェックを入れ「OK」をクリックすると、編集できる項目が追加されます。

「text02」のタブを消します。

次に上段のテキストをPremiere Proで変更できるようにします。

「text01」のアイコンをダブルクリックします。

すると、新たにタブが表示されます。

そして、「サポートするプロパティのみ」をクリックします。

「ソーステキスト」を「エッセンシャルグラフィックス」にドラッグ&ドロップします。

分かるように「上段テキスト」に変更しておきます。

「text01」のタブを消します。

次に下段のテキストをPremiere Proで変更できるようにします。

「text03」のアイコンをダブルクリックします。

すると、新たにタブが表示されます。

そして「サポートするプロパティのみ」をクリックします。

「ソーステキスト」を「エッセンシャルグラフィックス」にドラッグ&ドロップします。

分かるように「下段テキスト」に変更しておきます。

「text03」のタブを消します。

これで、中央、上段、下段のテキストが変更されるようになりフォントやサイズも変更できるようになりました。

次にテキストカラーも変更できるようにします。

「title1」のタブにした状態で「サポートするプロパティのみ」をクリックします。

すると、テンプレート化できる項目が表示されます。

「text01」のカラーは上段テキストのカラーなので、上段テキストの下にドラッグ&ドロップします。

そして名前を「上段テキストカラー」にしておきましょう。

「text02」のカラーは中段テキストのカラーなので、中段テキストの下にドラッグ&ドロップします。

そして名前を「中段テキストカラー」にしておきましょう。

「text03」のカラーは下段テキストのカラーなので、下段テキストの下にドラッグ&ドロップします。

そして名前を「下段テキストカラー」にしておきましょう。

後は、中段テキストの下の青い帯の色も変更したい時があると思うので「sharp01」のカラーを中段テキストカラーの下にドラッグ&ドロップします。

名前を「中段座布団カラー」にしておきます。

では、これを「モーショングラフィックスファイル」として書き出します。

「モーショングラフィックステンプレートを書き出し」をクリックします。

After Effectsを保存するように案内が出るので「保存」をクリックし保存します。

「モーショングラフィックスファイル」を保存する場所を選択します。

ここでは、先ほど作ったフォルダーを選択します。

3つの項目にテェックが入っていることを確認し「OK」をクリックします。

これで、指定したフォルダーに「.mogrt」が保存されます。

6:Premiere Proで活用する方法

次に、完成した「モーショングラフィックステンプレートファイル」をPremiere Proで活用する方法について解説します。

Premiere Proを立ち上ます。

そして「エッセンシャルグラフィックス」をクリックし「追加フォルダを管理」をクリックします。

「追加」をクリックして先ほど「モーショングラフィックスファイル」を保存したフォルダーを選択しOKをクリックします。

これでPremiere Proで使えるようになります。

シーケンスの編集ラインをテロップの入れたい場所に合わせて、追加したフォルダーを選択します。

そして、テロップを選択してシーケンスのビデオトラックへドラッグ&ドロップします。

クリップを選択すると、After Effectsで追加した項目が表示され、テキストやカラー、フォントなどを変更することができます。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、テンプレートをAfter Effectsで「モーショングラフィックステンプレートファイル」にしてPremiere Proで活用する方法を解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録、よろしくお願いします。

編集後記

ゼロからやると時間がかかってしまう作業でも、テンプレートを活用することで、作業時間をかなり短縮することができます。

作業スピードはとても大切なので、効率良く編集作業をやるために、頻繁に使うテロップやトランジションはテンプレートを購入することをオススメします。

それでは、また次回!