こんにちは、宇野です。

Adobe Premiere Proでの動画編集は、エフェクトコントロールを使いこなすことがとても重要なポイントになります。

エフェクトコントロールは、映像の位置やサイズを変えたり適用させたエフェクトの効果を調整することができる場所です。

この動画では、Adobe Premiere Proのエフェクトコントロールを使いズームインやズームアウトを作る方法を解説します。

エフェクトコントロールの練習になりますので、動画を見ながら実際にやってみてください。

体験型動画撮影ワークショップ

Adobe Premiere Proでズームインとズームアウトを作る方法

 

ズームイン

まずは、ズームインを作っていきます。

プログラムモニターを見て、ズームインを開始したい場所に編集ラインを合わせます。

タブをエフェクトコントロールにして、編集ラインのあるクリップを選択します。

エフェクトコントロールの位置の左にあるストップウォッチのアイコンをクリックします。

すると、エフェクトコントロールのタイムライン領域にキーフレームが打たれます。

エフェクトコントロールの横にタイムライン領域が表示されていない場合は、右上にあるアイコンをクリックするとタイムラインが表示されます。

スケールの左にあるストップウォッチのアイコンをクリックします。

すると、先ほどと同じようにキーフレームが打たれます。

次にプログラムモニターを見て、ズームインが完了する位置に編集ラインを合わせます。

プログラムモニターを見ながら拡大したい位置が中央になるように位置とスケールの値を調整します。

すると、キーフレームが打たれます。

プログラムモニターを再生して確認するとズームインが完成します。




ズームアウト

次にズームアウトを作ります。

プログラムモニターを見て、ズームアウトが開始する位置に編集ラインを合わせます。

そして、位置とスケールのキーフレームの追加/削除をクリックします。

すると、現在の値でキーフレームが打たれます。

プログラムモニターを見て、ズームアウトが完了する位置に編集ラインを合わせます。

そして、位置とスケールの数値をデフォルトの状態に戻します。

キーフレームが打たれます。

プログラムモニターを再生して確認するとズームアウトが完成します。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、Adobe Premiere Proのエフェクトコントロールを使いズームインとズームアウトを作る方法を解説しました。

クリップや適用したエフェクトに動きを加えるときは、エフェクトコントロールのその項目のストップウォッチのアイコンをクリックしてキーフレームを打ちます。

これが基本となりますので、覚えておいてください。

今後も動画撮影や動画編集など動画制作に関連する情報をお届けしていきますので、チャンネル登録よろしくお願いします。