どうも、宇野です。

この動画では、プレミアプロでLUTのインストール方法とカラーグレーディングについて解説していきます。

映像制作では、映像の色味を補正することがとても重要な要素の1つです。

映像の色味を補正すると独自の世界観を演出することができます。

撮影した映像にデジタルデータ上で色補正を行う技術のことをカラーグレーディングと言います。

Premiere Proでカラーグレーディングを行う場合、LUTやLOOKを適用させます。

LUTと、簡単にいうとフラットの映像を色補正をしやすくするように通常の色にさせるものです。

そして、LOOKInstagramのフィルターのようなイメージです。

厳密にはLUTLOOK違うのですが、一括りでLUTとかLUTsと呼ばれます。

LUTを当てる」と言う言葉が出てきたら、LUTLookを適用させることだと理解してください。

【Premiere Pro】LUTのインストール方法とカラーグレーディング(YouTube

LUTのインストール方法1

まずは、LUTのインストール方法を解説します。

Premiere Proでは、デフォルトで8種類のLUTが用意されています。

しかし、実はもっとたくさんのLUTがプリインストールされているのです。

これらのLUTをアンロックすることで必要なプリセットを読み込むことが出来ます。

その方法を解説します。

Step1:Premiere Proを閉じる

まずは、「Premiere Pro」を立ち上げている場合は、保存してアプリを終了させます。

Step2:Legacy内のLUTをコピー

次に、Macの方は移動から「アプリケーション」をクリックして「Adobe Premiere Pro」を選択します。

「プレミアプロ」をダブルクリックして、プレミアプロのアイコンの上で右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックします。

するとファイルが展開されるので「Contents」「Lumetri」「LUTs」の順番にをクリックします。

LUTsの「Legacy」内にある必要なLUTを選択します。

対象のLUTを⌘+Cでコピーします。

Step3:Technicalに貼り付ける

そして、「Technical」のフォルダーに⌘+Vでペーストします。

認証が出てきたら、パスワードを入力しペーストを完了させます。

これでLUTが追加されます。

LUTのインストール方法2

標準のLUTを追加しても映像のカラーがイメージ通りにならない場合は、有料または無料でダウンロードします。

ここでは、無料のLUTダウンロードしてみましょう。

この「fresh LUTs」というサイトは、アカウントを取得すれば無料で様々なLUTをダウンロードできるサイトです。

下記にサイトのリンクを貼っておきます。

Step1:アカウントの作成

まずは、アカウントを取得しましょう。

ここの「add LUT」をクリックします。

そして、必要事項を入力して「sign up」をクリックします。

これでアカウントができましたので、ロゴマークをクリックして先頭に戻ります。

Step2:LUTをダウンロード

次に「ブラウザーLUTs」をクリックします。

この「fresh LUTs」は、カメラの種類別のLUTを探すことができます。

僕は普段、SONYのカメラでS-LOG2というLOG撮影をしているので、ここの「Sony S-log2」を選択します。

「search luts」をクリックします。

すると、LUTが表示されますので、好みの色に近いLUTをクリックします。

イメージ画像をドラッグしながら確認し、右側の赤いボタンでダウンロードします。

これでダウンロードが完了します。

Step3:インストール

そして、移動から「アプリケーション」をクリックして「Adobe Premiere Pro」を選択します。

「プレミアプロ」をダブルクリックして、プレミアプロのアイコンの上で右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックします。

するとファイルが展開されるので「Contents」「Lumetri」「LUTs」の順番にをクリックします。

LUTsの「Technical」を開き、先ほどダウンロードしたファイルをドラッグします。

認証が出てきたら、パスワードを入力しペーストを完了させます。

これでLUTが追加されます。

Step4:確認

では、Premiere Proを起動して確認してみましょう。

Lumetriカラーの基本補正の中にLUTという項目があり、この中に先ほどアンロックしたLUTと「fresh LUTs」でダウンロードしたLUTが追加されてます。

カラーグレーディング

それでは、LUTを使ってカラーグレーディングをしていきましょう。

カラーグレーディングは、「LUT」を当てて、トーンの「露光量」「コントラスト」「ハイライト」「シャドウ」「白レベル」「黒レベル」「彩度」を調整します。

Step1:調整レイヤーを配置

それぞれのクリップをカラーグレーディングすることができるのですが、調整レイヤーを使うと一括で適用できるので便利です。

ここでは、調整レイヤーを配置してカラーグレーディングを行なっていきます。

まずは、調整レイヤーをシーケンスに配置し、クリップの上に乗るようにトリミングします。

Step2LUTの適用

配置した調整レイヤーを選択して、LumetriカラーのLUTを選択します。

これだけで、だいぶイメージが変わりますが、更に手を加えていきます。

Step3:他の調整

次に基本補正のトーンをクリックして、調整していきます。

露光量

まずは、露光量です。

露光量とは、撮影時の光量を表します。

デジタル写真は、露出不足の場合は暗くなりすぎ、露出オーバーの場合は明るくなりすぎますので、ここで調整します。

コントラスト

次にコントラストです。

コントラストとは、「対照・対比」という意味です。

コントラストが低いと色が薄くぼやける様になり、コントラストが高いと中間色が減りカラーがハッキリした様に変化します。

緩急をつけたい場合はコントラストを調整します。

ハイライト

次にハイライトです。

ハイライトで明るい部分の調整を行います。

シャドウ

次にシャドウです。

シャドウで暗い部分の調整を行います。

白レベル

次に白レベルです。

白レベルでハイライトのクリッピング量の調整を行います。

例えば、白い壁などをハイライトで調整した時に、その壁を純粋な白に調整できます。

黒レベル

次に黒レベルです。

黒レベルは、黒い部分をより純粋な黒に調整をできます。

彩度

最後に彩度を調整します。

彩度を下げればモノクロになり、上げると色がはっきりします。

これで、最初の状態とはかなり違ったカラーになりました。

これが基本的なカラーグレーディングのやり方になります。

これでもイメージと少し違うと思ったら、「クリエイティブ」の調整をクリックして、各項目を調整したり、「カーブ」を調整したりします。

この動画では、Premiere ProでLUTのインストール方法とカラーグレーディングについて解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!