こんにちは、宇野です。

この動画では、シネマティックな動画にしたいと考えている方向けに、Log撮影についてお話ししていきます。

【動画撮影】Log撮影(YouTube

Log撮影

シネマティックな動画の特徴の1つに深みのある色味があげられます。

映像の色味を変えることによって動画全体の雰囲気が大きく変わるのでシネマティックな動画にする為に特にこだわりを持つべき所だと思います。

シネマティックな色味にする為にオススメなのが、今回ご紹介するLogでの撮影です。

Canonは「C-Log」、DJIでは「D-Log」、ソニーなら「S-Log」など、それぞれのメーカーが、カメラに合った適切な規格で「Log」での収録を可能にしています。

簡単にいうと、広いダイナミックレンジでの撮影ができるということです。

映像での「ダイナミックレンジ」とは、階調描写の幅を表す言葉として使われます。

描写できる幅が狭いと、人の目では見えているのに、画像では黒つぶれしていたり、白飛びしてしまいます。

幅の広さを保ち撮影をすることで、黒から白までの濃淡をより多く表現することが可能になります。

実際に目で見ている光の情報を、カメラを通してデジタルに変換する過程で、どのように光を収録し表現するのが最も良いのかという事で生まれたのがLogです。

つまり、Log撮影をすることで人間の目に見えているフラットに近い陰影に近いカラーなるということです。

Log撮影は、ぼんやりとした眠たい色になります。

これを編集時にコントラストを調整したり、LUTを適用することで深みのあるカラーにしていきます。

カラーグレーディングのやり方については、別の動画で解説しています。

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、シネマティックな動画にしたいと考えている方向けに、Log撮影についてお話ししました。

シネマティックな動画を作りたいとお考えでしたら、Log撮影に挑戦してみてください。

この動画が参考になったとか勉強になったと思っていただけたらチャンネル登録していただけると嬉しく思います。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!