こんにちは、宇野です。

シャッタースピード」「絞り」「ISO感度」この3つが動画の露出を決める要素です。

シャッタースピード」と「絞り」については以前の動画で解説していますので、概要欄にリンクを貼っておきますのでご覧ください。

ここでは、できるだけシンプルにわかりやすく「ISO感度」についてお話ししていきますので、最後まで観ていただければ幸いです。

【ISO感度】ノイズの原因かも!?ISO感度について(YouTube

 

1:ISO感度とは?

まずISO感度とは何なのか?ということです。

ISO感度とは、カメラが光を捉える能力の値です。

少し難しい話になるのですが、カメラは光を電子信号に変えて処理をしますので、ISO感度を上げるということは、電子信号を増幅させることで、ISO感度を2倍にすると電子信号は2倍になりますので、光の量が半分で適正露出になるということです。

つまり、ISO感度を2倍にすると、2倍のシャッタースピードで撮影できるということですので、暗い場所で手ブレしたり、被写体がブレたりする時は、ISO感度を上げることによって、手ブレや被写体ブレを防ぐことができます。



2:ISO感度を上げると映像が明るくなる

暗い室内や街灯がない屋外でもISO感度を上げると映像を明るくすることができます。

ですので、カメラの液晶を見て暗いとISO感度を上げたくなってしまいがちですが、暗いからと言って単純にISO感度を上げれば良いというモノではありません。

ISO感度を上げて撮影すると、映像がザラついてしまうことがあります。

ISO感度を上げるということは、電子信号を増幅させることなので、ノイズも増幅してしまいます。

ですので、基本的には暗いからといってISO感度を上げるのではなく、照明を使って撮影することをオススメします。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、できるだけシンプルに「ISO感度」について解説しました。

少し難しいですが、明るくなるからといってISO感度を上げることは避けるようにしましょう。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録、よろしくお願いします。

編集後記

僕のカメラの基本設定は、24fpsでシャッタースピードは50分の1秒、F値は1.8でISO感度は100に設定しています。

仕事では、24fpsでシャッタースピードは50分の1秒、F値は1.8でISO感度は500に設定しています。

この設定にしている理由は次回の動画でお話ししていきます。

それでは、また次回!