宇野です。

現在は、無料のモノから有料のモノまで様々な動画編集ソフトがあります。

無料のモノだと、iMovieという動画編集アプリがMacにはデフォルトで入っていると思います。

有料のモノだと、普段、僕が使っているAdobeのPremiere ProやFinal Cutなどがあります。

有料と無料のソフトの大きな違いは「できることが多いか少ないかの違い」です。

AdobeのPremiere ProやFinal Cut Pro Xなど有料の動画編集ソフトは、無料のiMovieなどの動画編集ソフトよりも「できることが多い」ということです。

しかし、無料のモノが全く使えないのか?というと、そうではありません。

実際に、今観てくださっている動画は、iMovieで編集しています。

つまり、自分のYouTubeチャンネルに投稿する動画であれば、十分な編集ができるということです。

ミュージックビデオやドキュメンタリー、ショートムービー、テレビ番組など、クライアントワークとして本格的に映像を創る場合以外は、iMovieのような無料動画編集ソフトでも可能だと言えます。

ということで、この動画では、iMovieの基本的な使い方を解説します。

【動画編集】iMovieの基本的な使い方(YouTube

動画を読み込みカットする方法

まずは、iMovieを立ち上げましょう。

もしお使いのMacにiMovieが入っていない場合は、Apple StoreでiMovieを検索してダウンロードしてください。

Step1:新規作成

iMovieを立ち上げると、このような画面になります。

上の「プロジェクト」にすると、「新規作成」が出るので、クリックします。

そして、「ムービー」をクリックします。

すると、このように画面が変わります。

Step2:動画を読み込む

次に編集したい動画を読み込みます。

動画を読み込むには色々な方法がありますが、ここではドラッグ&ドロップの方法を解説します。

編集したい動画をこのように「メディアを読み込む」と書かれている所にドラッグ&ドロップします。

これで動画を読み込むことができます。

Step3:不要な部分をカット

次に動画で不要な部分をカットしていきます。

読み込んだ動画を下のタイムラインにドラッグ&ドロップします。

すると、このようになります。

ここをドラッグすると動画が見やすくなります。

不要な部分の先頭にこの線を合わせて⌘キー+Bを押します。

すると、このように動画クリップが2つに分かれます。

不要な部分の最後に合わせて⌘キー+Bを押します。

これで、またクリップが分かれます。

不要なクリップを選択してdeleteキーで削除します。

このように不要な部分をどんどんカットしていきます。

Step4:別カメラの動画を加える

カット編集が完了したら、違うカメラで撮影した動画を加えていきます。

今回は、パソコンの画面を収録した動画を途中に入れて、最初にオープニング、動画の最後にエンディングを加えていきます。

まずは、先ほどと同じようにiMovieに、パソコンの画面を収録した動画とオープニング用動画、エンディング用動画を読み込みます。

まずは、動画の先頭にオープニングをドラッグ&ドロップします。

次に、動画の最後にエンディングドラッグ&ドロップします。

そして、タイムラインに配置した動画の上にパソコンの画面を収録した動画をドラッグ&ドロップします。

すると、このようにタイムラインが2段になります。

この動画も先ほどのカットと同じ方法で不要な部分をどんどんカットしていきます。

Step5:スローモーション&早送り

不要な部分をカットできたら、音声に合わせて場所をドラッグして移動させます。

長さが合わない場合は、スローモーションや早送りを適用させます。

再生速度を変更したいクリップを1つ選択します。

クリップを右クリックし「速度エディタを表示」をクリックします。

すると「速度エディタ」と呼ばれる速度調整をドラッグで調整できるナビゲーションが表示されます。

このポイントをドラッグして左右に動かすことで、直感的な速度調整が出来ます。

これで音声に合わせていきます。

Step6:トランジションの適用

ここまでできたら、トランジションを加えていきます。

トランジションとは、クリップとクリップの編集点に加える特殊効果のことです。

ここのトランジションをクリックします。

すると、トランジション一覧が表示されます。

気に入ったトランジションをドラッグ&ドロップで適用させます。

トランジションの長さを変更するには、適用させたトランジションをダブルクリックします。

すると、このようになりますので、ここの数値を変更します。

これで長さを変更できます。

Step7:テロップの入れ方

動画のベースができたら、次にテロップを入れていきます。

iMovieでは、テロップの位置を細かく設定することができないというデメリットがあります。

しかし、一般的なことは問題なくできます。

まず、テロップを入れたい場所にタイムラインを合わせます。

そして、ここの「タイトル」をクリックします。

すると、このように色々な種類のテロップが表示されます。

今回は、iMovieの解説以外の言葉に字幕を入れていきます。

「下3分の1標準」をドラッグ&ドロップします。

そして、モニター画面でテキストを変更していきます。

ここで、フォントやフォントサイズ、位置、フォントカラーなどを変更できます。

字幕の長さを音声と合わせるには、このようにテキストクリップの端をドラッグします。

区切りの良いところまで、テキストを入力したら、オプションキーを押しながらドラッグします。

すると複製されるので、モニター画面のテキストをダブルクリックして、テキストを変更します。

再生と停止を繰り返し音声を聞きながら、字幕を作っていきます。

これを繰り返します。

Step8:BGMの入れ方

ここまでできたらBGMを入れていきます。

BGMに使うクリップを読み込みます。

そして、タイムラインの動画クリップの下にドラッグ&ドロップします。

すると、BGMが追加されます。

一度、再生をさせて、元となる音声の邪魔をしているようだったら、BGMの音量を調整します。

BGMクリップにある横の線にカーソルを合わせて上下にドラッグすると音量を上げたり下げたりすることができます。

また、BGMクリップの先頭にあるこのマークをドラッグすると、BGMが徐々に聞こえるフェードインができます。

同様に、BGMクリップの最後にあるこのマークをドラッグすると、BGMが徐々に消えるフェードアウトができます。

Step9:書き出し

これで編集が完了ですので、確認をして問題なければ書き出しを行います。

iMovieでは、直接SNSに投稿することもできるのですが、ここでは一般的な動画ファイル形式で書き出す方法を解説します。

画面右上のこのアイコンをクリックします。

そして、ファイルをクリックします。

ここでタイトルを変更します。

フォーマットは、ビデオとオーディオにします。

解像度は、フルHDにしたいので1080Pにします。

品質は、最高にして、圧縮は品質優先が良いでしょう。

次へをクリックして保存先を指定すれば、書き出しが始まります。

しばらくすると、完了します。

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、iMovieの基本的な使い方を解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!