宇野です。

当たり前ですが、動画を撮るにはカメラが必要になります。

撮影のワークショップや動画制作講座をやっていると「どのカメラがオススメですか?」と聞かれることが多々あります。

そこでこの記事では、これから動画を撮影してYouTubeに投稿していきたい!という動画撮影初心者の方向けにカメラの選び方をお伝えします。

本当にカメラは必要?

まず最初に一番大切なことをお伝えします。

「本当にカメラは必要ですか?」

「必要だからこの記事を見ているんだよ!」と思った方がいるかもしれませんが、これはすごく大切なことですので、もう一度考えてみましょう。

なぜこのようなことを聞くのか?

それは、実際に僕の周囲に数十万するカメラを購入したのに、ほとんど使っていない…という人が結構いるからです。

せっかく購入したカメラを使っていない理由は…

  • 荷物になる
  • あまり撮影する機会がない
  • スマホで撮影できるから持ち歩く必要がない

などです。

スマホ最強説

高額な一眼レフカメラやミラーレスカメラは、プロ仕様で作られています。

一眼レフカメラとミラーレスカメラの違い

その分、細かく設定ができるのですが綺麗に動画を撮るためには、知識やスキルも必要です。

また、カメラ本体だけではなく理想の映像を撮りたい時は、その場面に合ったレンズが必要になります。

クリアな音声を撮りたい時にはマイクが必要ですし、夜間でも明るく綺麗に撮りたい場面ではライトが必要になります。

映像にこだわりを持てば、その分必要な機材が増え、費用がどんどん増えていきます。

一方でスマートフォンは設定も単純で、誰でも簡単に動画を撮影することができます。

ポケットに入る大きさなので荷物にならないのでカメラを向けてすぐに撮影することができます。

また、ちょっとしたテクニックを身につけることで、スマホのカメラでもプロの撮影した動画だと思われる映像を撮ることができます。

「iPhone11Pro」には、レンズも標準、広角、超広角の3つが付いています。

基本的には、照明がなくてもクリアに撮ることができますし、クリアな音声を収録することもできます。

照明やマイクが必要な場合は、スマホ用のモノを低価格で購入することができます。

以上の理由から、これから動画を始める人はまずはスマホで練習をして、ぼけをより強くしたいとか、より綺麗な映像を撮りたいと思ったらカメラを購入することをオススメします。

カメラを選ぶ準備

スマホで練習を積み重ね「やっぱりカメラを購入したい!」と思ったら、すぐにカメラのカタログを見たりネット検索したり家電量販店に行く前に、しっかりと準備をしましょう。

カメラを選ぶ手順1:何を撮影する?

まずはじめに、主に何を撮るのかを考えてみましょう。

  1. 自分自身が被写体となってユーチューバーとして活動していく!
  2. 旅をしながら景色を撮影する!
  3. スキューバダイビングが趣味で海の中を撮影する!

など、主に何を撮影したいのかを改めて考えてみましょう。

なぜなら、目的によって選ぶカメラも違うからです。

1:自分自身が被写体となってユーチューバーとして活動していく!

自分自身が被写体となりYouTubeに動画を投稿するのであれば、とびきり高性能なカメラは必要ありません。

主に部屋で撮るのであれば、カメラよりもマイクや照明にお金をかけた方が良いです。

外に出て動きながら撮影するのであれば、大きく重たいカメラは避けた方が良いので、一眼レフやミラーレスよりもGoProOsmo Pocketといった超小型のカメラが良い場合もあります。

2:旅をしながら景色を撮影する!

V-logなどで景色を撮影するのであれば、画質にこだわる必要があります。

この場合、一眼レフカメラやミラーレスカメラ、業務用のカメラが良いと思います。

気軽に普段から動画を撮影したいのであれば、APS-Cセンサー搭載のミラーレス機がおすすめです。

持ち運びよりも画質に拘るのであれば35mmフルセンサーのカメラを選ぶことをオススメします。

APS-Cサイズと35mmフルセンサーの違い

3:スキューバダイビングなどの趣味で海の中を撮影する!

シュノーケリングやスキューバダイビングが趣味で水中を撮影したいのであれば、防水のカメラが必要になります。

GoProは防水機能が付いていますが、水深は限られているので別売りのハウジングをつけることでより深いところでも撮影が可能です。

何を撮影するかというパターンを挙げるとキリがないのですが、大切なことなので明確にすることをオススメします。

カメラを選ぶ手順2:実際に手に触れてみる

主に何を撮影するかがはっきりしたら、次にカメラ販売店に足を運びましょう。

ネットやチラシを見ただけで決めることはオススメしません。

まずは、実際に手に触れてみることが大切です。

できるだけ多くのカメラが販売している店舗に行くようにしましょう。

また、数件ハシゴしてみましょう。

僕が初めてカメラやカメラ機材の購入を検討していた時に行ったのは新宿西口のヨドバシカメラです。

当時、知識が乏しかったのですが、カメラを手に持ち店員さんに聞いたら分かりやすく教えてくれました。

実際にカメラに触れることで大きさや重たさ、フィット感など感じることができます。

この時点では、予算やメーカーは一切決めずに、とにかく気になったカメラを手に持ち操作してみてください。

カメラを選ぶ手順3:徹底的に調べる

実際にカメラに触れたら、いくつかの候補を見つけて一旦、自宅に戻りましょう。

絶対にその場で即決するのはやめましょう。

一度自宅に帰り、ネットで製品の詳細だけではなく、YouTubeでレビューをしている人もいるのでその動画をみることもオススメします。

候補のカメラを徹底的に調べて1つに絞ります。

カメラを選ぶ手順4:決断する

最初に予算を決めてしまう人がいますが、それは自分の中で幅を狭めてしまうことになります。

せっかく購入するのだから本当に気に入ったモノを購入することをオススメします。

例えば、30万円のカメラが気に入ったけれど、今払えるのが15万円だった場合…

諦めて15万円で買えるカメラにするのか、それとも30万円払えるまで待つのか…

これはあなた次第になるのですが、僕のオススメとしては30万円支払えるまで待つことをオススメします。

なぜなら、本当に気に入ったモノを購入した方がカメラの愛着がわくからです。

大切に扱うようになりますし、より良い動画を撮影しようと一生懸命勉強することにも繋がります。

向上心を常に持つことが何よりも成長すると僕は思っています。

ですので、予算を決めるのは本当に欲しいものが見つかった後がオススメです。

また、もし予算よりも安かった場合、レンズやジンバル、マイクなど付属品を購入することもできます。

カメラを選ぶ手順5:購入する

どのカメラを購入するか決めたら、再度ネットを検索して価格や保証を調べます。

この時、価格だけで判断すると失敗してしまう可能性があるので注意しましょう。

また、中古品など状態を見ることができないモノを購入する時も注意しましょう。

最初は、価格よりも安心・安全に購入することをオススメします。

ですので、メーカーから直で購入するか、実際にカメラをみたカメラ販売店で購入することがオススメです。

僕がカメラを購入した時の話

僕は昨年、小さな規模の仕事でイメージビデオを創る時に使えて、更に小さくて軽くて普段使いできるミラーレスのカメラを購入しようと考えました。

新宿のヨドバシカメラに行き、実際に手に持ち3つのカメラを候補に決めました。

自宅に戻り、候補に挙げた3つのカメラを比較し調べまくりました。

候補Aは45万程のCanonのカメラ、候補Bは25万程のSONYのカメラ、候補Cは10万円程のSONYのカメラ…

その中で一番気に入ったのが候補Cの10万円程のSONYのカメラα6400でした。

僕は25万円程を見積もっていたので、レンズとジンバル、マイクを合わせて購入することができました。




カメラ選びに適していない方法

カメラを選ぶ時にオススメできない方法も簡単にご紹介します。

  1. メーカーで選ぶ
  2. 予算で選ぶ
  3. ネット上のランキングで選ぶ

1:メーカーで選ぶ

まず1つ目にオススメできない方法はメーカーで選ぶことです。

SONYだからとかCanonだから、Panasonicだからというだけの理由で選ぶことはオススメできません。

カメラを出しているメーカーは多くありますが、それぞれ特徴も違えばメリット、デメリットも違います。

メーカーではなく、ご自身の目的に合ったカメラを選ぶことをオススメします。

2:予算で選ぶ

先ほども少し触れましたが、予算で制限をつけてしまうと本当に気に入ったカメラを手にすることができません。

勿論、現実的に妥協することはあるかと思いますが、本当に気に入ったものを買えるまで他を購入しないという選択肢もあります。

※ 現在は低価格でレンタルできる所も増えています。

まずは、本当に欲しいカメラを見つけましょう。

3:ネット上のランキングで選ぶ

ネットでは無責任にオススメをランキングづけしている人がいます。

しかもその人達は、フォトグラファーでもビデオグラファーでもなく、カメラの素人で、ただのアフィリエイターの場合がほとんどです。

販売サイトにアクセスし購入されたら報酬が入ってくるので、適当に報酬額が多く入ってくるモノを上位にしたり、安くて購入しやすいモノを上位に表示させているので、まったく参考になりません。

自分の目で見て、手で触って、店員さんやプロの話を聞き、そんなランキングに左右されないようにしてください。

愛着を持てるカメラが一番

この記事では、これから動画を撮影してYouTubeに投稿していきたい!という初心者の方向けにカメラの選び方をお伝えしました。

実際のところ、自分が愛着を持てるカメラを選ぶことが大切です。

ですので、実際にカメラを見に行った上で「デザインが可愛い」とか「お洒落」という理由で愛着がわいて購入するのもアリだと思います。

ぜひ気に入ったカメラを見つけて動画を撮影してみてください。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!