どうも宇野です。

今日から「動画制作」についてお話をしていこうと思っているんですけれど…実際に動画撮影をする前に最低限の知識を頭に入れておきましょう。

この最低限の知識を理解しないで動画を撮影、編集する場合と理解した上で動画を撮影、編集する場合を比べると完成した動画に大きな差が出ますので、ここで必ず理解しておきましょう。

それでは、動画の基礎を解説します。

【スローにする時は注意】フレームとフレームレート(YouTube

動画はパラパラ漫画

まずは、動画って何なのか?っていう話です。

動画は動いて見えますが、実は静止画像が高速で切り替わって動きを表現しているのです。

昔、教科書とかノートの角に絵を書いてパラパラとめくったことがあると思います。パラパラ漫画ってやつです。

動画もこれと同じようなモノなのです。

フレームとフレームレート

動画は、1秒間に24枚とか30枚、60枚、120枚の静止画像を高速で切り替えているんです。

この静止画像のことを「フレーム」と言います。

そして、1秒間に何枚のフレームを表示させるかというのを「フレームレート」って言います。

また、この「フレームレート」は「fps」と表記します。

24fpsは1秒間に24枚の静止画像(フレーム)が入っていて、30fpsは1秒間に30枚の静止画像(フレーム)が入っているということです。

単純にfpsが高ければ高いほど滑らかな映像に仕上がります。

一方、24fpsは残像感のある味わいのある映像に仕上がります。

高ければ良いって訳ではなく、どんな動画にするかを決めた上で目的に合ったfpsを設定するようにします。

動画を撮影するときにカメラ側で「fps」を設定することができます。スマホでもできます。

また、撮影する時のカメラ側の設定だけではなく、編集をする時も「シーケンス」と呼ばれる編集の作業領域を作る時に決めることができます。

ちなみに、映画は24fpsのシーケンスで作られ、テレビ番組は30fpsで作られています。

それで、本当に大切なのはここからです。

カメラのfpsと編集時のシーケンスのfpsの関係性

カメラを24fpsで設定して、編集のシーケンスも24fpsで作って編集する場合…普通に素材を並べるだけであれば何も問題ありません。

しかし、スローモーションを使う場合は、注意しなければなりません。

例えば、24fpsのシーケンスで1秒の動画を2秒にスローモーションさせたい場合…最低でも48フレーム必要になります。

カメラの設定を24fpsにして撮影してしまうと、1秒間に24枚のフレームしか入っていませんので、24フレーム足りないので無理やり引き延ばすことになります。

その結果、カクカクした映像になってしまうのです。

カメラの設定を30fpsにして撮影すると、18フレーム足りないので滑らかにはなりません。

カメラの設定を60fpsにして撮影すると、12フレーム余裕があるので違和感のないスローモーションを表現できます。

ですので、編集時にスローモーションを入れる予定の場合は、予めカメラのfpsを高くしておく必要があるのです。

僕の場合は、スローモーションをよく使うので、カメラの設定は基本的に60fpsにしています。

これは、すごく大切なことなので覚えておきましょう。



スマホの設定方法

では、せっかくなのでスマホの設定方法を解説します。

fpsの設定

まずはfpsの設定です。

僕は、時代遅れのiPhone8を使っていますが、基本的な設定は同じですので参考にしてください。

まず、設定をタップして、カメラを選択します。

その中のビデオ撮影をタップします。

そして、1080p HD/60fpsを選択します。

これでフルハイビジョンの60fpsで動画を撮影できるようになります。

4Kも選択できるのですが、4Kで撮影すると多くの容量を使ってしまうので、現段階ではフルハイビジョンでも十分綺麗に撮ることができるのでこのような設定にします。

グリッドの設定

次にグリッドの設定もしてしまいましょう。

ここのグリッドを「オン」にしておくことによって、撮影をする時にこのような線が画面に表示されます。

これを見て傾きや被写体がおさまる位置などを確認しながら撮影することができます。

まずはここまでの設定をしておきましょう。

この動画では、動画の基礎としてフレームとフレームレートについて解説しました。

この動画でわからない部分がありましたら、コメントをください。

また、「わかりやすい」「勉強になった」と思ったらチャンネル登録してくださると嬉しいです。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!
それでは、次の動画でまた会いましょう!