どうも、宇野です。

この動画では、動画編集初心者向けに無料でLUTをダウンロードしてFinal Cut Pro XでLUTを適用する方法を解説します。

通常、映像はLOG撮影といって、コントラストが低い眠いた映像で撮影し、その映像をカラーグレーディングします。

カラーグレーディングとは、撮影した映像にデジタルデータ上で色補正を行う技術のことです。

カラーグレーディングで一番最初に行うのが、今回ご紹介するLUTを適用させることです。

LUTとは、簡単に言うならば、RGB入力を別のRGB出力に変換する仕掛けの事です。

正確ではありませんが、Instagramのフィルターみたいなモノというイメージをしてください。

LUTを使えば、シネマティックな雰囲気のカラーに手軽に仕上げることができます。

それでは、無料でLUTをダウンロードしてFinal Cut Pro XでLUTを適用する方法を解説していきます。

【Final Cut Pro X】動画編集初心者向け/無料でLUTをダウンロードしてFinal Cut Pro Xで
LUTを適用する方法(YouTube

1:LUTのダウンロード

まずは、LUTをダウンロードします。

概要欄に無料でLUTをダウンロードすることができる「fresh LUTs」をクリックして表示してください。

まずは、アカウントを作成しましょう。

右上の「Sign Up」をクリックします。

そして、必要事項を入力して、サインアップをクリックします。

これで、アカウントができます。

次に「Browser LUTs」をクリックします。

すると、このような画面になります。

この「fresh LUTs」はカメラの種類別のLUTを選ぶことができます。

僕は普段、SONYのα6400というカメラでS-LOG2で動画を撮影しているので、SONY S-LOG2を選択します。

そして、「Search LUTs」をクリックします。

すると、いくつかラットが表示されますので、イメージに近いカラーをクリックします。

そして、イメージ画像をドラッグして、確認をします。

問題なければ「Download LUT」をクリックします。

これでLUTがダウンロードできます。

2:LUTを適用

次にLUTを適用させます。

タイムラインにクリップを移動させます。

そして、エフェクトをクリックします。

カラーをクリックします。

カスタムLUTをタイムラインに配置したクリップにドラッグ&ドロップします。

カスタムLUTのLUTからカスタムLUTを選択をクリックします。

そして、先ほどダウンロードしたLUTを選択し開くをクリックします。

すると、LUTが適用されます。

適用したLUTの色がキツすぎる場合は、ミックスの値を調整します。

もう少し微調整したい場合は、カラーボードを表示させて、調整していきます。

ここの細かい解説は、「カラーグレーディングの基礎」で解説しているので、そちらの動画をご覧ください。

この動画では、動画編集初心者向けに無料でLUTをダウンロードしてFinal Cut Pro XでLUTを適用する方法を解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録、よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!