どうも、宇野です。

この動画では、Final Cut Pro Xで、グリーンバックを使い背景の色を抜き合成する方法を解説します。

グリーンバックを背景にして撮影すると、綺麗に色を抜き、違う背景に合成することができます。

まず、綺麗に背景を抜く為に、2つのポイントを抑えておきましょう。

【Final Cut Pro X】グリーンバックを使い背景の色を抜き合成する方法(YouTube

1:影

1つ目は、影です。

なるべくグリーンバックに影が映らないようなライティングをしましょう。

色にムラが出てしまうと綺麗に抜けない場合があります。

ムラがなければ無いほど、簡単に綺麗に色を抜けます。

2:F値(絞り)

そして、もう1つはF値です。

一眼レフやミラーレスで撮影する場合、背景をぼかす為にF値を開放していることが多いと思いますが、できるだけ数値をあげてボケないようにします。

この2つさえ意識して撮影すれば、簡単に綺麗に色を抜けます。

では、Final Cut Pro Xで解説していきます。

キーイングを適用

動画クリップをタイムラインに移動させます。

そして、エフェクトを表示させます。

次にキーイングの中のキーヤーをクリップにドラッグ&ドロップします。

すると、緑の部分が黒くなります。

黒い部分が透明になった部分です。

次に背景にしたい動画や画像をクリップの下に配置します。

すると、合成されます。

あとは、背景にブラーの中のガウスを適用させてボカしたり、サイズを調整したりできます。

また、綺麗に色が抜けない場合は、キーヤーで調整します。

すごく簡単ですので、是非活用してみてください。

この動画では、Final Cut Pro Xで、このようなグリーンバックを使い背景の色を抜き合成する方法を解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!