どうも、宇野です。

この動画では、Final Cut Pro Xの調整レイヤー「Adjustment Layer」の追加方法を解説します。

Final Cut Pro Xのタイムラインに並ぶ動画クリップにまとめてエフェクトをかけたい時には、調整レイヤー「Adjustment Layer」を使うととても便利です。

動画クリップの上に調整レイヤーを配置し、そこにエフェクトをかけると一括で適応させることができます。

タイムラインに並べた複数のクリップにまとめて、カラーグレーディングでLUTを当てたりこのように上下にレターボックスを入れたい時は、調整レイヤーは必須になります。

この調整レイヤーは無料で配布されているのでダウンロードをしてFinal Cut Pro Xに追加しておきましょう。

それでは、解説していきます。

【Final Cut Pro X】動画編集初心者向け 調整レイヤー「Adjustment Layer」の追加方法(YouTube

1:ダウンロード

こちらの「Adjustment Layer」をクリックして表示します。

サイトに移動しますので、右側の緑のカートに追加をクリックします。

有料の商品を進められるので、「結構です」をクリックします。

メールアドレスを入力して、利用規約にテェックを入れ「継続する」をクリックします。

すると、メールが届きますので、URLをクリックします。

このような画面が表示されるので、ダウンロードをクリックするとZIPファイルがダウンロードされます。

2:インストール

次に Final Cut Pro Xにインストールします。

先ほど、ダウンロードした「Adjustment Layer」のZIPファイルをダブルクリックして解凍します。

そして、移動からホームを選択します。

ムービーを選択して、モーションテンプレートを選択します。

その中のタイトルに先ほど解凍した「Adjustment Layer」のファイルをドラッグ&ドロップします。

これで、完了です。

3:確認

では、実際に確認してみましょう。

Final Cut Pro Xを立ち上げ、タイトルの中を確認すると、今入れた「Adjustment Layer」が入ってます。

これをタイムラインに配置した全てのクリップの上に乗るように配置します。

この段階では、まだ変化はありませんが、エフェクトのスタイライズの中のレターボックスを適用させます。

すると、このように上下に黒い帯が入ります。

Adjustment Layerにレターボックスを適用させたので、Adjustment Layerがかかっていないクリップには、レターボックスは適用されません。

この動画では、Final Cut Pro Xの調整レイヤー「Adjustment Layer」の追加方法を解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!