こんにちは、宇野です。

人物を撮影する場合、顔をアップで映すのか、もしくは少し引いてバストアップで映すのか、ぐっと引いて周りの背景も合わせて映すのか…

フレームの中に被写体をどの大きさ・位置・角度で映すのかという構成を構図といいます。

この動画では、人物を撮影する時の基本的な6つの構図についてお話しします。

【動画撮影】人を撮影するときの基本的な6つの構図(YouTube

三分割法

基本的な6つの構図についてお話しする前に構図の基本となる三分割法についてお話しします。

以前の動画【動画撮影】構図の基礎となる三分割法とは?でもお伝えしましたが三分割法というのは、絶対にこうしなければいけない…というモノではなく、違和感なく見ることができる構図の基本です。

まだ撮影に慣れていないので不安だという場合に活用すると、構図での大失敗はなくなりますので覚えておくと良いと思います。

まず、カメラやスマホの設定でグリッド表示にします。

すると、モニターに線が表示されます。

線が交わっている4つの点を目安に被写体を置き、縦線と横線を意識して撮影すると見栄えが良くなると言われています。

それでは、この三分割法をベースに6つの基本的な構図をご紹介します。

ロングショット

まずは、ロングショットです。

被写体よりも背景の方が大部分を占めていて「被写体がどんな場所にいるのか」を伝えることができる構図です。

フルフィギア

次に被写体の全体を映すフルフィギアという構図です。

被写体が人物であれば、足下から頭までを映します。

ロングショットよりも被写体がメインで表情や動きを伝えることができます。

また、ロングショット同様に「被写体がどんな場所にいるのか」も伝えることができる構図です。

フルフィギアで頭の上のスペースを広げると「和やかな雰囲気」を表現でき、頭の上のスペースを狭めると「緊迫感」を表現できます。

ニーショット

次に膝から上を映す「ニーショット」という構図です。

フルフィギアよりも表情や動きを伝えることができますが背景もしっかり伝えることができる構図です。

この時に、ちょうど膝関節で切ってしまうのではなく、大体の位置の方が違和感のない映像になります。

ウエストショット

次に被写体の腰から上を映す「ウエストショット」という構図です。

これまでご紹介した構図よりも被写体にフォーカスが当たり、表情や動きをより伝えることができます。

また、目立つ背景を入れておくことで「場所」も伝えることができます。

バストショット

次に被写体の胸から上を映す「バストショット」です。

自己紹介や商品・サービスを紹介する時などに適した構図です。

より被写体にフォーカスが当たるので、目の動きや口元までハッキリ映ります。

一方で背景は伝わりづらい構図となります。

クローズショット

次に被写体の一部分にグッと寄った「クローズショット」です。

被写体の顔、目、手元、指先などに寄った構図です。

例えば、目を映せば「その時の感情」を伝えることができます。

また、手元に動きがある場合は、「何をしているのか」を明確に伝えることができます。

「ここを見てほしい」という場面で使うことで「伝えたいことが正しく伝わる」構図です。

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、人物を撮影する時の基本的な6つの構図についてお話ししました。

この6つの構図をベースにすると動画の幅が広がります。

この動画が参考になったとか勉強になったと思っていただけたらチャンネル登録していただけると嬉しく思います。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!