こんにちは、宇野です。

この動画では、構図の基本となる三分割法について解説します。

【動画撮影】構図の基礎となる三分割法とは?(YouTube

三分割法

これは僕の考えなのですが、良い動画っていうのは「メッセージが伝わるモノ」とか、「何か深く考えさせられるモノ」だと思っています。

よく動画撮影は「こうでなければならない」とか「こうあるべきだ」という頭の固い古い考えの人もいますが、「メッセージが伝わるモノ」とか「何か深く考えさせられるモノ」であれば、構図やカメラワークなどは、もっと自由に表現して良いと思っています。

ですが、やはり基本の知識を頭に入れて、スキルとして身につけておくと応用もしやすくなりますし、大きな失敗を防ぐことにもつながります。

その基本がここで解説する三分割法というモノです。

まずは、カメラのモニターにグリッドを表示させます。

すると、モニターに縦線と横線が入ります。

ちなみにグリッド表示はスマホのカメラ設定でできます。

そして、線が交わる4点に被写体を置くとこでバランスの良い構図になります。

被写体が人物の場合、交わる点に顔を合わせ線に体を合わせます。

そして、横向きの人物を撮影するときに、視線の先にスペースがないと違和感が出てしまいますので、視線の先のスペースを広げることでスッキリした構図になります。

また、横の線も意識して撮影するようにしましょう。

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、構図の基本となる三分割法について解説しました。

グリッドを活用した構図が三分割法と言われる構図の基本になります。

この三分割法で動画を撮影しておけば、大失敗はしませんので動画撮影の経験があまりない方は一応、納めておくと良いと思います。

しかし、冒頭にも言いましたが、僕は「メッセージが伝わるモノ」とか「何か深く考えさせられるモノ」であれば、構図やカメラワークなどは、もっと自由に表現して良いと思っています。

ですので、被写体にカメラを向けて自分のイメージに合う構図を見つけて撮影しても良いと思います。

その結果、時には失敗して使えない映像になってしまうこともあるとは思いますが、それが経験として蓄積され成長につながるはずです。

この動画が参考になったとか勉強になったと思っていただけたらチャンネル登録していただけると嬉しく思います。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!