どうも、宇野です。

最近「動画編集は稼げる」といった広告が目に入りました。

これについて、100%嘘だとは言いません。

しかし、実際に映像クリエイターとして活動していながら、映像制作会社を経営している僕からしてみれば「そんなに甘い世界ではない」と思えました。

この動画では、動画編集スキルを身につければ毎月どれくらい稼ぐことができるのか?そして、どのようにすればもっと稼げるようになるのかを本音でお伝えします。

動画編集は毎月どのくらい稼げるのか?(YouTube

動画編集は月いくら稼げるのか?

「稼げる」「稼げない」と一言で言っても、月10万円で稼げると感じる人もいれば、月30万円以上でなければ稼げないと感じる人もいるので、具体的に金額でお伝えしていこうと思います。

まずは、こちらの表をご覧ください。

編集スキル(初) 編集スキル(中) 編集スキル(高) マーケティング
〜10万 不要
10万〜50万 必要
50万〜100万 必須
100万以上 必須

まず、毎月100,000円までを稼ぐことが目標の場合は、誰でも可能です。

100,000円から500,000円程を稼ぐことを目標にする場合は、動画編集のスキル自体が初級や中級でもやり方次第で可能です。

500,000円から1,000,000円程を稼ぐことを目標にする場合は、動画編集のスキル自体は初級や中級でもマーケティングの知識が必須になります。

動画編集のスキルがもの凄く高くてもマーケティングの知識や経験がなければ難しいです。

1,000,000円以上を稼ぐことを目標にする場合は、動画編集のスキル自体は中級程度でも、高いレベルのマーケティングの知識があれば可能です。

動画編集のスキルと稼ぎは比例しない

表を観てわかるように、「動画編集のスキルと稼げる金額は必ずしも比例しない」のです。

例えば、凄くレベルが高い編集ができるとしても、マーケティングの知識や経験がなければ月50万円以上稼ぐことは難しいです。

反対に、動画編集のスキルを身につけたばかりでもマーケティングの知識があれば50万円までであれば稼ぐことは可能です。

ですので、稼げる、稼げないは、スキルで決まるのではないのです。

動画編集のスキルを身につけて、そのスキルを活かす為にマーケティングの知識や経験が必要なのです。



月10万円稼ぐ方法

では、動画編集で毎月10万円までを稼ぐ方法をご紹介します。

いくつかの方法があるのですが、ここでは一般的な方法をステップ・バイ・ステップでお伝えします。

Step1:ランサーズなどで動画編集の仕事を探す

一番簡単で現実的な方法は、ランサーズで仕事を探して、その仕事を行うというモノです。

簡単にいうと、ランサーズとは、仕事を依頼したい人と受けたい人をマッチングするサイトです。

例えば、動画編集をやってほしいユーチューバーが「カット編集とテロップ入れ、BGM入れをして10分程の動画にして欲しいです。価格は3,000円です。」という風に、依頼をします。

それを観た動画編集ができる人が「この条件ならやります!」といってお互いの条件が合えば、仕事を行うというモノです。

ランサーズで仕事をするメリットとデメリット

動画編集スキルを身につけたばかりの初心者や副業として動画編集をやっている人、元々映像制作会社に勤務していたけれど、結婚などで退職した専業主婦などにオススメです。

一番のメリットは、家から一歩も出ずに簡単に仕事を獲得することができる点です。

ライバルも多いですが、それ以上に仕事の数もあるので、比較的簡単にマッチングできるでしょう。

反対にデメリットは、単価が安い点です。

ランサーズを観てみると、1,000円から10,000円が多いです。

10,000円になると、ライバルも多くなるので、実質的には3,000円程度が相場です。

動画編集にかかる時間

「1本3,000円でも数をこなせば、もっと稼げる」と思うかもしれませんが、動画編集は時間がかかります。

例えば、「カット編集とテロップ入れ、BGM入れをして10分程の動画にして欲しいです。価格は3,000円です。」という仕事をやることになった場合を考えてみましょう。

まず、依頼者がダラダラと話をしている動画素材が20分あったとしたら、この動画を見ながら内容を確認して10分程にカット編集していきます。

これだけで動画編集初心者は3時間程かかってしまうでしょう。慣れている人でも1時間以上はかかります。

次に動画を観て、言葉を聞き字幕を入れます。

滑舌が良ければスムーズにできますが、悪いと相当な手間がかかります。

また、位置の調整や字幕のタイミングなどを調整するので、これにも2時間半かかるとします。

そして、BGMや効果音を入れます。

指定のモノがあれば簡単ですが、フリーサイトから自分でみつけなければならない場合は、探して適用し、タイミングや音量を調整するのに30分かかります。

そして、最後に確認、修正、書き出しを行うのに30分。

合計すると、10分の動画を1本編集するのに6時間半かかることになります。

もっと長くかかる場合もあれば、もっと簡単にできる場合もありますが、平均すると6時間半かかります。

時給に換算すると…「約460円」です。

5万円稼ぐためには16,17本の動画を作る必要があるので、104時間必要になります。

おそらく、ランサーズだけの場合は、これくらいが限界です。

Step2:個別契約をする

ランサーズで月50,000円を稼ぐことができたら、翌月は100,000円を稼ぐことを目標にしてみましょう。

まず、ランサーズでたびたび動画編集の依頼をしている人を数人ピックアップし、YouTubeなどで検索をして、毎日動画を投稿している人の仕事に申し込みます。

成立したら、丁寧にやるのは当たり前ですが、すぐに取り掛かり最速で納品します。

すると、想定していたよりも早く出来上がったことに対して感謝されることがあります。

そのメールに対して、以下のような返信をします。

「この度はお仕事をいただきありがとうございます。編集していてとても楽しかった上に勉強になりました。○○さんは、たびたびランサーズに仕事を依頼しているようですが、もしよろしければ、専属で動画を編集させていただけないでしょうか?」

このようなメールを送ります。

確約できれば、YouTubeに毎日動画をアップしているので月30本の編集を受けることができます。

同じ人の動画編集であれば、編集をすればするほど慣れてくるので、1本あたりの編集時間をかなり短縮できるようになります。

最初は4,5時間かかる編集も5本くらい編集して慣れれば、1本あたり2,3時間でできるようになるので、多少割引をして10万円にしても効率よく稼ぐことができます。

また、感謝のメールを送ってこない人や値引き交渉してくる人、変なこだわりが強い人とは、後々のことを考えると仕事をしない方が良いです。

このように、毎月100,000円までを稼ぐことは、よっぽど酷い編集レベルではない限り誰もが可能です。

いかがでしたでしょうか?

僕は、動画撮影や動画編集などに興味を持つ人が増えて欲しいとは思っています。

しかし、「動画編集ができれば稼げる」という甘い言葉に誘惑されてしまうと痛い目に合う可能性が高いです。

確かに、毎月10万円程だったら稼ぐことはできます。

しかし、副業だったら良いですが本業にすることはできません。

動画編集だけではなく、どんなことも同じだとは思いますが「スキルが高いだけ」ではフリーランスで生きていくことはできないのです。

スキルと稼ぎは必ずしも比例しないのです。

これだけは絶対に覚えておいてください。

この動画では、動画編集スキルを身につければ毎月どれくらい稼ぐことができるのか?そして、どのようにすればもっと稼げるようになるのかを本音でお伝えしました。

この動画が参考になったと思っていただけたら、チャンネル登録よろしくお願いします。

 

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!