どうも、宇野です。

今日は、カメラワークについてお話しします。

カメラワークとは、動画の撮影技法のことです。

映画やTVドラマ、CMなどあらゆる映像がこれからご紹介する基本的なカメラワークで構成されています。

【動画撮影】基本的な7つのカメラワーク(YouTube

1:固定撮影

まずは、固定撮影です。

固定撮影とは、このようにカメラを固定して撮影する技法です。

三脚を使うことで安定した動画を撮ることができます。

この固定撮影は、セミナー動画やインタビュー動画などで使います。

全体的な動きは少ない為、身振り手振りや表情の変化を捉えるのに適しています。

固定撮影は、カメラの動きがないので長い動画の場合、1台のカメラだけでは視聴者は飽きてしまいます。ですので、複数台のカメラを用意して様々な角度から切り替えることをオススメします。

2:パン撮影

次にパン撮影です。

パン撮影は、カメラを左右に振る撮影技法です。

この映像のように移動するものを追いかけたり、自分自身や被写体が立っている周囲の全容を映す場合に適しています。

この時、カメラだけを動かすのではなく、体ごと動かすとブレない動画を撮ることができます。

もしくは、三脚やジンバルを使ってカメラ部分のみを左右に動かします。

また、パン撮影は素早く行えば場面転換などにも利用できます。

3:ティルト撮影

次にティルト撮影です。

パン撮影は左右でしたが、ティルト撮影はカメラを上下する撮影技法です。

パンと同じように撮影者自身は動かないでカメラの角度だけを動かし撮影します。

撮影者の立ち位置からカメラを上に振ることをティルトアップと言い、撮影者の立ち位置からカメラを下に振ることをティルトダウンと言います。

ティルトアップは、建物や景色のスケール感を出すことができます。

このように空から被写体にティルトダウンすることで徐々に被写体を明らかにすることができます。

4:トラック撮影

次にトラック撮影です。

トラック撮影は、撮影者が動きながら被写体を追跡する撮影技法です。

被写体と一定の距離を保ち共に移動しながら撮影します。

移動スピードを体感しつつ、前から撮れば被写体の表情や状況もしっかりと読み取ることが出来ます。

5:ドリー撮影

次にドリー撮影です。

ドリーとは台車のことで、ズーム機能を使わずに台車に乗って撮影しているように撮影者が前後に動く撮影技法です。

撮影者が前に進む撮影をドリーインと言います。

反対に撮影者が後ろに進む撮影をドリーアウトと言います。

6:スピン撮影

次にスピン撮影です。

スピン撮影は、被写体を軸にして回るように撮影する技法です。

被写体をしっかりと捉えつつ、背景は素早く変化していきます。

被写体と周囲の状況を同時に伝えることができるカメラワークです。

このように被写体を軸にしてコンパスのように回りながら撮影します。

7:ズーム撮影

最後にズーム撮影です。

カメラやレンズの機能を使って撮影中にレンズの焦点距離を変える撮影技法をズーム撮影と言います。

被写体を拡大させることをズームインと呼び、被写体を引くことをズームアウトと呼びます。

しかし、デジタルズームという機能は便利な反面、画質を落としての撮影になってしまいます。

ですので、基本的にズーム機能を使うのではなく、可能な限り撮影者が被写体に近づく、遠のくなど足を使って撮影することをオススメします。

主にこれらの7つのカメラワークを活用して動画を撮影していきます。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!