こんにちは、宇野です。

この動画では、After Effectsの無料プリセットを使いテロップを作りmogrtファイルにしてPremiere Proで使う方法について解説します。

After Effectsの操作に慣れていない方がテロップをゼロから作ろうとすると、かなり時間がかかってしまいますがテンプレートを使えば簡単に作ることができますので、ぜひ最後まで動画をご覧ください。

【テロップ】After Effectsのプリセットを使いmogrtファイルにする方法(YouTube

1:アカウントの作成

今回もMOTION ARRAYというサイトから無料のモノを使っていきます。

アカウントを作っていない方は、先にアカウントを作成しましょう。

MOTION ARRAY」を開いたら、上部右にある「Join Free」をクリックします。

「Free」の「Start With Free」をクリックします。

必要事項を入力して「Create Account」をクリックします。

すると、登録したメールアドレスにメールが届きますのでリンクをクリックします。

これでアカウントができます。

2:プリセットをダウンロード

After Effects」のプリセットをダウンロードします。

MOTION ARRAYのトップページから、「Video Platform」にカーソルを合わせるとメニューが表示されます。

この中の「Adobe After Effects」を選択します。

そして「Type」をクリックして「Free」を選択します。

すると、無料のテンプレートが表示されます。

今回は「10 Free After Effects Type Animation Presets」を使っていきます。

クリックして、映像を確認し右上の「download」をクリックします。

すると、ZIPファイルがダウンロードされます。

ZIPファイルをダブルクリックで解凍します。

3:プリセットを追加

次に「After Effects」にプリセットを追加します。

Macの方は「移動」から「アプリケーション」を開き「Adobe After Effects」の中にある「presets」を選択します。

そして「presets」に先ほど解凍したファイルの中にある「10 Free After Effects Type Animation Presets」をフォルダごとドラッグ&ドロップで追加します。

そして、モーショングラフィックステンプレートファイルを保存するフォルダを作っておきます。

4:モーショングラフィックステンプレートファイルに書き出し

After Effectsを立ち上げ新規プロジェクトを選択します。

そして「ウィンドウ」から「エフェクト&プリセット」を選択します。

すると、右側に「エフェクト&プリセット」が表示されます。

新規コンポジションをクリックして、コンポジション名に分かるように名前をつけます。

そして、プリセットで「カスタム」を選択し、幅を「3840」高さを「2160」にします。

フレームレートを60にします。

デュレーションを「5秒」にして「OK」をクリックします。

そして「エフェクト&プリセット」の「アニメーションプリセット」を展開し、先ほど追加した「10 Free After Effects Type Animation Presets」を展開します。

「GLITCHY CHARACTER」をプログラムモニターにドラッグ&ドロップします。

これをモーショングラフィックステンプレートファイルにしていきます。

まずはカラーを変更できるように、右クリックして「エフェクト」の「描画」「塗り」をクリックします。

次にここで右クリックして「エッセンシャルグラフィックスで開く」をクリックします。

ご自身で分かるように名前をつけます。

次に「サポートするプロパティのみ」をクリックします。

「ソーステキスト」をドラッグ&ドロップします。

「プロパティを編集」をクリックします

3つの項目全てにチェックを入れ「OK」をクリックします。

「塗り」という項目に「カラー」がありますので、これをドラッグ&ドロップします。

「モーショングラフィックステンプレートを書き出し」をクリックします。

すると、アフターエフェクツを保存するように案内が表示されるので保存します。

「モーショングラフィックスファイル」を保存する場所を選択します。

ここでは、先ほど作ったフォルダーを選択します。

3つの項目にテェックが入っていることを確認し「OK」をクリックします。

これで、指定したフォルダーに「モーショングラフィックスファイル」が保存されます。

このような操作を10個分続けます。

5:Premiere Proに追加

次に、完成した「モーショングラフィックステンプレートファイル」をPremiere Proで活用する方法について解説します。

Premiere Proを立ち上ます。

そして「エッセンシャルグラフィックス」の「追加フォルダを管理」をクリックします。

「追加」をクリックして先ほど「モーショングラフィックステンプレートファイル」を保存したフォルダーを選択しOKをクリックします。

これでPremiere Proで使えるようになります。

シーケンスの編集ラインをテロップの入れたい場所に合わせて、追加したフォルダーを選択しテロップを選択してシーケンスのビデオトラックへドラッグ&ドロップします。

今回は、4Kで作られているので、エフェクトコントロールのスケールで大きさを調整します。

クリップを選択するとAfter Effectsで追加した項目が表示されるので、変更するとテキストやカラー、フォントなどを変更することができます。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、After Effectsのプリセットを使いテロップを作りmogrtファイルにしてPremiere Proで使う方法について解説しました。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録、よろしくお願いします。

編集後記

ゼロからやると時間がかかってしまう作業でも、テンプレートを活用することで作業時間をかなり短縮することができます。

作業スピードはとても大切なので、効率良く編集作業をやるために頻繁に使うテロップやトランジションはテンプレートを購入することをオススメします。

最後までありがとうございます、また次回!

【無料】Premiere Proの基本操作