こんにちは、宇野です。

この動画では、After Effectsの無料テンプレートを使ってロゴアニメーション動画を作る方法について解説します。

After Effectsの操作に慣れていない方がゼロから作ろうとすると、かなり時間がかかってしまいます。

しかし、テンプレートを使えばAfter Effectsで簡単に作ることができますので、ぜひ最後までご覧ください。

今回は「MOTION ARRAY」というサイトの無料で使うことができるテンプレートを使い解説していきます。

このMOTION ARRAYは、様々なテンプレートを販売しているサイトですが、無料のモノもたくさんあります。

【After Effect】無料テンプレートを使ってロゴロゴアニメーション動画を作る方法(YouTube

1:アカウントを作成

MOTION ARRAYのアカウントを作っていない方は、先にアカウントを作成しましょう。

ページを開いたら、上部右にある「Join Free」をクリックします。

そして「Free」の「Start With Free」をクリックします。

必要事項を入力して「Create Account」をクリックします。

すると、登録したメールアドレスにメールが届きますので、リンクをクリックします。

これでアカウントができます。



2:テンプレートをダウンロード

次にテンプレートをダウンロードします。

MOTION ARRAYのトップページから「Video Platform」にカーソルを合わせるとメニューが表示されます。

この中の「Adobe After Effects」を選択します。

そして、「TYPE」をクリックして「Free」を選択します。

すると、無料のテンプレートが表示されます。

今回は「Light Rays Logo Reveal」というテンプレートを使っていきます。

クリックして、映像を確認し右上の「ダウンロード」をクリックします。

すると、ZIPファイルがダウンロードされます。

ダブルクリックで解凍して、After Effectsのファイルを開きます。

3:テンプレートを編集

After Effectsが立ち上がったら、どんな動画なのかを再度確認しましょう。

次に「Edit Camps」を展開し「Logo」を展開します。

そして、Logoをダブルクリックすると、ロゴというタブが開きます。

次にプロジェクトパネルをダブルクリックしてロゴデータを選択し開きます。

ロゴデータをドラッグして配置します。

サイズを調整します。

タブを「final camp」にして、バランスをみて再度タブを「Logo」に切り替え調整します。

タブを「final camp」にして確認します。

次に、「Text」を展開して「Tagline」をダブルクリックして開きます。

すると「Tagline」というタブが開きます。

Tのアイコンをダブルクリックして、テキストを変更しバランスを整えます。

タブを「final camp」にして確認します。

完成したらメニューバーのファイルから書き出しの「レンダーキューに追加」をクリックします。

ロスレス圧縮をクリックします。

形式を「Quicktime」にします。

形式オプションをクリックします。

そして、ここの「Apple ProRes 422」を選択してOKをクリックします。

OKをクリックします。

次に出力をクリックして保存先を決めます。

ここまでできたら、レンダリングをクリックすると書き出しが始まります。

しばらくすると、書き出しが完了しますので、プレミアプロで他のクリップと同様に読み込みシーケンスに配置します。

まとめ

はい、いかがでしたでしょうか?

この動画では、After Effectsの無料テンプレートを使ってロゴを使ったオープニング動画を作る方法について解説しました。

After Effectsの操作に慣れていない方がゼロから作ろうとすると、かなり時間がかかってしまいますがテンプレートを使えば簡単に作ることができます。

基本的な編集方法を覚えておけば、どんなテンプレートでも編集できるようになりますので、慣れるまで何度も他のテンプレートで練習することをオススメします。

この動画が参考になったと思っていただけたらチャンネル登録よろしくお願いします。

編集後記

「これから動画編集スキルを効率良く身につけたい!」という方向けに「動画編集の基礎をゼロからステップバイステップで学ぶ」ことができる「Premiere Proの基本操作」という完全無料の動画をご用意しましたのでご覧ください。

最後までありがとうございます、それでは、また次回!